デイケア看護師仕事

デイケア看護師の仕事と私生活公開サイト!

デイケアでの看護師をしている私の情報を中心に公開していきます!

看護師の職場として、主に病院やクリニック等の医療関係の職場を想像される方も多いですが、現在では介護施設として、デイサービスやデイケア、ショートステイ、老人介護施設なども増加傾向にあり、看護師の職場はさらに拡大傾向にあります。私も看護学校を卒業後、病院での常勤勤務でしたが、6年後に結婚と出産を経験し、その後家庭との両立が難しくなったため、退職せざるを得ませんでした。その後育児休暇もかねて専業主婦を3年ほど挟んだあと、デイケアでの常勤勤務に復職をしています。今では託児所を利用し、家族の協力も得ながら、家庭とデイケアでの看護師勤務を両立させる事ができています。そんな看護師の悩みを私の経験や看護師の業務内容等を参考に、色々な意見を取り入れていただく場としてサイトを作成しましたので、興味のある方はぜひ閲覧していってください。

病院勤務での家庭との両立は難しい

病院勤務では、夜勤や遅番などの勤務が常勤ではありますので、家族や実家の親の協力が不可欠です。まず看護師と家庭の両立には御家族様の協力が必要ですし、まず一人で抱え込むと身体が持ちません。私も頑張りすぎて身体を壊しかけたので、慣れ親しんだ病院での勤務を断念し、3年間専業主婦として育児休暇をしました。
病院での勤務を続けたい場合、パートや派遣などで単発での勤務をしていくのがいいかもしれません。パートですと曜日も固定して休みも取れますし、決まった時間帯だけ仕事に来ることも可能なので、病院勤務でも負担なく勤務する事が可能です。また、常勤に比べて責任の重い仕事は回ってこないので、自分に余裕を持って家庭に帰って家事を行えるのも魅力の一つです。

デイケア看護師と家庭の両立

病院勤務とは違い、デイケアという通所リハビリ介護施設は、日勤のみの勤務なので勤務形態が乱れにくいのが特徴です。また、日曜日は定休のところも多いですし、家庭との両立もしやすい条件が揃いやすいかと思います。デイケアというのは、自宅に利用者様をお迎えに上がり、帰りにも送迎をする施設ですので、滞在時間が長いほど、帰宅時間が遅くなるので、その点は確認が必要でしょう。デイケアなどの介護施設では、残業はほとんどないですし、きちんと職員が確保されている施設であれば、有給消化もできますし、希望休も申請できますので、子どもや家族との日程も調整しやすい点では、非常に過程と両立しやすいです。また、好条件の介護施設を紹介してもらえば、給料も月に25万以上の所も多いので、看護師求人サイトを利用して非公開求人を手に入れてみるといいですよ。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ